旬のお酒情報

HOME > 旬のお酒情報

6月号

一ノ蔵夏ギフト販売開始!

技.jpg 6月に入り、百貨店、スーパーなどでは、お中元、夏ギフトコーナーがにぎわいを見せるようになりました。これに合わせ一ノ蔵夏ギフトの販売も開始しました。今年オススメする夏ギフトは『一ノ蔵大吟醸「技」』です。
 一ノ蔵大吟醸「技」は、酒米の最高峰「山田錦」を100%使用し、洋ナシのような果物に似た吟醸香をまとい、きめ細やかな味わいとキレのある後味が自慢の「大吟醸酒」です。今年から化粧箱の仕様が変更され、黒と金を基調とした貼箱を採用いたしました。三角形の箔押しを連ねたモダンな柄は、酒器に多く用いられる切子(カットグラス)をイメージしています。特にお世話になった方への贈り物としてオススメしている人気No.1商品です。
 この他にも、贈って喜ばれる商品をご予算に応じて取り揃えております。詳しくは一ノ蔵までお問い合わせください。

商品のお問い合わせはこちらをクリック下さい(一ノ蔵HPお問合わせ)

 ちなみにお中元は、8月のお盆前までに贈ることが一般的なマナーのようです。日頃の感謝のお気持ちと共に一ノ蔵の夏ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。


ご購入は「地酒のリエゾン」

お父さんいつもありがとう。一緒に飲もうよ、一ノ蔵

松山天.jpg 6月19日は父の日。母の日に比べ忘れがちな父の日ですが、家族のために一生懸命働いているお父さんに、感謝の言葉とプレゼントを贈りましょう!
 一ノ蔵が薦める父の日プレゼントは「一ノ蔵 純米大吟醸 松山天」です。
 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」でも大吟醸酒部門で最高金賞を受賞した松山天は、緻密な甘みと繊細でシャープな酸が調和した逸品。素材の味わいを生かした上質なお料理との相性が特に良く、和食にこだわらずシーフードマリネやシュリンプカクテルなどにも是非合わせてみてください。
 年に一度の父の日、いつものお猪口をワイングラスに持ち変えて、杜氏の技術と個性が光る純米大吟醸をお父さんとゆったり味わってみてはいかがでしょうか?

ご購入は「地酒のリエゾン」

バックナンバー

母の日に「ひめぜんUme」

母の日.jpg 5月8日は母の日。日頃から家族を支えているお母さんへ感謝の言葉と共に、「ひめぜんUme」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
 本品はアルコール8%の原酒「ひめぜん」に、宮城県産の梅「白加賀」の大粒の実のみを選抜、収穫後更に追熟させた梅(黄熟梅)を用いた梅酒を加えたリキュールです。
 黄熟梅の桃のような芳醇な香りと、ひめぜんの優しい甘みが調和した本品は、冷やしてそのままでも、氷を浮かべたロックでも、炭酸水で割っても美味しくお召し上がり頂けます。



 また、母の日の為にひめぜんUmeを使ったお菓子、しっとり焼菓子を作ってみてはいかがでしょうか?


ひめぜんUmeを使ったしっとり焼菓子
<材料:焼き型1台分>
●卵……………………焼き菓子.jpg…2個
●てんさい糖……………100g
●菜種サラダ油…………70cc
●薄力粉…………………100g
●ベーキングパウダー……3g
●炒ったくるみ(お好み)…40g
●ひめぜんUme…………適量
[ソース]
●粉砂糖…………………大さじ5
●ひめぜんUme…………小さじ1
<作り方>
①ボウルに卵とてんさい糖を入れ、泡立て器で混ぜる。
②菜種サラダ油を少しずつ加える。
③薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ、さっくりと混ぜる。お好みで炒ったくるみを入れる。
④焼き型に流し180度のオーブンで20分焼く。
⑤熱いうちにひめぜんUmeを適量染み込ませ、冷めたらソースをとろりとかけて出来上がり。
 毎日家族を陰日向で支えてくれているお母さんへ、ありがとうの気持ちを込めて「ひめぜんUme」で母の日をお祝いください。
ご購入は「地酒のリエゾン」



宮城県のお土産にも最適「ササニシキ純米大吟醸」と「特別純米酒 大和伝」

syun05miyagi.jpg 大型連休が始まりました。県外から宮城県へお越しの方、また宮城県内から県外へお出かけになられる方も多いのではないでしょうか?宮城県のお土産品として弊社がおすすめするのが、「ササニシキ純米大吟醸」と「特別純米酒 大和伝」です。
 『ササニシキ純米大吟醸』は宮城県を代表する品種『ササニシキ』で純米大吟醸を造りたいという門脇杜氏の熱い想いから誕生したお酒です。
 ササニシキが持つ素直で優しい旨みと吟醸香の華やかな香りが調和しています。軽く冷やした本品と初カツオを肴に楽しんでみてはいかがでしょうか。
ご購入は「地酒のリエゾン」



 次いで『特別純米酒 大和伝』です。本品の原料米には、化学肥料は使用せず、農薬や除草剤の使用を極力お酒て栽培した環境保全米Bタイプの「蔵の華」(宮城県酒造好適米)を使用しています。これを吟醸酒並みの精米歩合50%まで磨き、じっくりと丁寧に醸した特別純米酒に仕上げました。
 また、この大和伝の名は本社蔵のある大崎市松山において重要無形文化財指定の名匠「法華三郎信房(ほっけさぶろうのぶふさ)」氏が鍛える日本刀鍛造五ヵ伝のひとつ「大和伝」から拝しました。穏やかな香りと上品なキレのある味わいが特徴で、宮城県を代表する郷土料理のしそ巻きを肴に楽しんでみてはいかがでしょうか。
 どちらも宮城県内限定品です。お土産として、また県外からのお客様へのおもてなしとして、是非お使いください。

「一ノ蔵 特別純米酒 大和伝」商品情報はこちら

ご購入は「地酒のリエゾン」




2016年一ノ蔵がこの夏オススメする生酒3選!


純米+本醸.jpg 桜前線が北上し宮城県よりも南の地域では、春から初夏へと少しずつ季節が移り変わり、冷たい飲み物が美味しく感じる季節となりますね。
気温が上がり、時にはにスッキリとした味わいが欲しい、そんな時のお酒としてお勧めするのが「生酒」です。
ところで、日本酒には「生」のつくお酒が3種類あるのをご存知でしょうか?




(1)生酒
お酒を搾ってから瓶詰めするまで一切加熱殺菌を行わないお酒を呼び、清酒業界では「生生(なまなま)」とも呼び、清涼感あふれるみずみずしい香味をお楽しみ頂けます。
(2)生貯蔵酒
お酒を搾ってから生酒の状態で貯蔵し、瓶詰めする時に加熱殺菌を行うお酒を呼び、清酒業界では「生貯(なまちょ)」、「先生(さきなま)」とも呼び、一般的に軽やかな香味をお楽しみ頂けます。
(3)生詰め酒
お酒を搾ってすぐに加熱殺菌をしてから貯蔵し、瓶詰めする時に加熱殺菌をせずに瓶詰めしたお酒を呼び、清酒業界では「生詰め」、「後生(あとなま)」とも呼び、熟成によるまるみを増し、落ち着いた香味をお楽しみ頂けます。
※生詰め酒の多くは、秋に店頭に並ぶ「ひやおろし」がこれに該当します。

 一ノ蔵では、生酒の貯蔵管理が通年行えることから(1)に該当する「生酒ひゃっこい」が、一年中お楽しみ頂けます。また、今年から期間・数量限定で「一ノ蔵 特別純米生酒 ふゆみずたんぼ」が新登場!
良く冷やした生酒「ひゃっこい」・「ふゆみずたんぼ」をガラスや磁器など涼しげな酒器にお酒を注ぎ、
これから旬を迎える初ガツオやホヤ、生うにのお刺身などを肴にどうぞお楽しみください。


一ノ蔵特別純米生酒ひゃっこいオススメ夏の生酒①
一ノ蔵特別純米生酒ひゃっこい
出来たての新鮮さの中に、滑らかでふくらみのある味わいを秘めています。
ハツラツとした酸味と旨味が調和していつまでもゆっくり楽しみたい余韻を
楽しめる生酒です。


「一ノ蔵 特別純米生酒 ひゃっこい」商品情報はこちら
ご購入は「地酒のリエゾン」




一ノ蔵本醸造生酒ひゃっこいオススメ夏の生酒②
一ノ蔵本醸造生酒ひゃっこい
香りは控えめながら、口中に含むとふわっと一瞬香りが広がり、
スッキリとした後味が清冽な水を想わせます。
出来たての酒の息吹を感じつつ、食中酒として飲み飽きしない生酒です。


「一ノ蔵 本醸造生酒 ひゃっこい」商品情報はこちら
ご購入は「地酒のリエゾン」





一ノ蔵特別純米生酒 ふゆみずたんぼオススメ夏の生酒③
一ノ蔵特別純米生酒 ふゆみずたんぼ(日本名門酒会限定商品)
本品のコンセプトである「口当たり柔らかく、香り際立つ夏の生酒」となるように、
原料米には「ふゆみずたんぼ」で栽培した有機米ササニシキを使用。
華やかな上立ち香と軽やかな含み香、キレの良い後味をお楽しみください。
 ◆精米歩合:55%
 ◆原料米:ふゆみずたんぼ米ササニシキ(有機米・宮城県産)
 ◆アルコール分:16度
 ◆日本酒度:-3〜-1
 ◆1.8リットル:2,900円+税
 ◆720ミリリットル:1,450円+税

おつまみレシピはこちら

ご購入は「地酒のリエゾン」

ページの先頭へ

一ノ蔵を楽しむ
旬のお酒情報
蔵だより
商品紹介
お客様の広場
蔵見学のご案内
一ノ蔵を知る
一ノ蔵とは
社会貢献活動
一ノ蔵型六次産業
パブリシティ
酒ミュージアム
一ノ蔵応援隊
お取扱店様限定 販売おたすけツール
一ノ蔵を楽しむ会チケットご購入ページ
電子かわら版会員登録
リンク集
pontarobanar.jpg
金龍蔵

一ノ蔵の第二蔵「金龍蔵」ホームページはこちらです。

f_logo.png
一ノ蔵公式フェイスブックページはこちらです。
一ノ蔵を購入する
地酒のリエゾン

※当ホームページでは商品の販売は行っておりません。商品のお求めはこちら↑。







234x60.gif一ノ蔵は良い食品づくりの会に参加し、安心・安全・おいしいをお客様へお届けいたします。