一ノ蔵型六次産業 一ノ蔵

rokujisangyo.jpg

HOME > 一ノ蔵型六次産業

一ノ蔵型六次産業とは?(こちらをクリックして下さい)

一ノ蔵六次産業 一ノ蔵型六次産業は、歴代社長が提唱してきた「農業を中心とした新しい蔵元の形」を表現し、第一次、第二次、第三次産業のそれぞれの数字を掛け合わせた造語です。この一ノ蔵型六次産業という言葉が社内で公になったのは、平成19年度一ノ蔵グループの経営方針に掲げた「一ノ蔵型六次産業」の実現を目指すからです。
 第一次産業にあたる一ノ蔵農業部門「一ノ蔵農社」は、主に酒米栽培及び休耕田活用を通し、栽培技術の蓄積と地元篤農家への情報提供を行い、地元大崎市の環境保全型農業の推進に取り組んでいます。
 第二次産業にあたる、製造する「一ノ蔵本社蔵」では、仕込水は地下100m以上掘り下げた自社井戸から地下水をくみ上げて使用し・原料米は宮城県産米を多用しています。またつくりでは、地元社員の積極的採用を行い、42名の蔵人が一丸となり、五感を駆使した手づくりを現在でも大切にしています。更に環境に配慮した製品作りに取り組んでいます。
 宮城県栗原市にある第二蔵「金龍蔵」は、昔ながらの造りを後世に残そうと、現在でも南部杜氏が蔵人を引き連れ、造り期間中は、蔵に泊まり込んで昼夜を問わず酒造りに携わっています。
 第三次産業にあたる、「一ノ蔵酒類販売株式会社」は清酒販売を通し、お客様へ情報を配信しています。また「一ノ蔵楽しむ会」を始めとする県内外イベントを通し多くのお客様に一ノ蔵のお酒の楽しみ方、情報を配信しています。
 第一次産業から第三次産業に関わる一ノ蔵全社員がお客様へ積極的に情報発信し、皆様に認知し応援して頂くことにより大きな波となり、各産業の垣根を越えた一ノ蔵型六次産業が形成されます。





yamahaijyundaigin.png


一ノ蔵型六次産業シリーズ
一ノ蔵 山廃仕込み 純米大吟醸         数量限定・11月発売

本品は、原料米に一ノ蔵農社が化学肥料・殺虫剤を使用せずに、丹精込めて育てた宮城県酒造好適米「蔵の華」を使用。酒母を育てる技法のひとつである「山廃仕込み」を用いて力強い酵母を育て、更に醪を仕込む際には「吟醸造り」と呼ばれる小仕込み・低温発酵によるきめ細やかな管理の下、蔵人の五感を駆使して丁寧に醸しました。吟醸酒の特徴である華やかな吟醸香とまろやかな味わいに、山廃仕込みの特徴である奥深く豊かな旨味が感じられる本品をどうぞお楽しみ下さい。

生産者:一ノ蔵農社
原料米:環境保全米Bタイプ「蔵の華」100%使用
精米歩合:40%
アルコール分:16度 
日本酒度:-1~+1
1.8リットル:4,000円+税 
720ミリリットル:2,000円+税

<生産者について>一ノ蔵農社
一ノ蔵農社は、酒造りに相応しいお米の栽培と環境に優しい農業を推進する目的で2005年発足しました。現在、地域との連携を図り、農薬使用を極力抑え、化学肥料を使用しない環境保全米Bタイプでの栽培に力を入れています。

農社FBアイコン.jpg一ノ蔵農社の活動がFaceBookよりご覧頂けます。

ページの先頭へ





suroka.png


一ノ蔵型六次産業シリーズ
一ノ蔵 特別純米 素濾過生原酒        数量限定・3月発売

本品は、お酒のありのままの味わいを楽しめる素濾過生原酒です。「ササニシキ」は、すっきりとした甘味が特徴のお米です。 白幡さんのお米は特にそれをよりはっきりと感じられます。本米の特徴を活かすよう、除菌目的の濾過「素濾過」にこだわり、搾ったままの味わいをお楽しみ頂けるような酒質設計にしました。

生産者:白幡晋(遠田郡涌谷町/八起農園)
原料米:有機JAS認定栽培米ササニシキ
精米歩合:60%
アルコール分:17度 
日本酒度:-9~-7
1.8リットル:2,952円+税 
720ミリリットル:1,476円+税

<生産者について>商品_白幡さん.jpg
白幡さんは、宮城県の有機栽培を牽引されている篤農家のお一人。
1980年より農薬散布を極力減らし1988年からは完全無農薬による有機栽培に取り組んでいます。米造りへの熱い情熱と稲への深い愛情を持って栽培したお米は、毎年粒の大きさが揃い、品質も常に安定しています。確かな栽培理論と高い栽培技術から、宮城県内外の農業関係者からも一目置かれ、農場視察へ多くの見学者が訪れています。

ページの先頭へ





1.8L15%原酒瓶画像プライスカード用.jpg


一ノ蔵型六次産業シリーズ
一ノ蔵 特別純米酒 アルコール15%原酒   数量限定・6月発売

本品は、お米の旨みが映える1年熟成のアルコール15度原酒(生詰め酒)です。「ひとめぼれ」は、甘味の強いのが特徴で、特に料理と相性の良い お米です。通常の醪では成分が安定するアルコール18%前後まで発酵させてからお酒を搾り、熟成後に15%に加水する設計が一般的ですが、本品はまだ発酵が旺盛な段階でお酒を搾り、15%の原酒で瓶詰めしました。これは香味バランスを崩しやすく難しい手法ですが、米本来の良さを引き出す為、一ノ蔵の低アルコール製法の技術を活かし実現しました。更に加熱殺菌後すぐに冷却させ、涼温状態で半年間熟成させる、手の込んだ酒造りに挑戦しました。

生産者:石井稔(登米市)
原料米:有機JAS認定栽培米ひとめぼれ
精米歩合:60%
アルコール分:15度 
日本酒度:-9~-7
1.8リットル:3,048円+税 
720ミリリットル:1,524円+税

<生産者について>商品_石井さん.jpg
石井さんは、白幡さんと共に宮城県の有機栽培を牽引されている篤農家のお一人。1987年から本格的に無農薬栽培に取り組み、試行錯誤を繰り返しながら独自の栽培理論を確立。米の品質を競う「全国米・食味分析鑑定コンクール」総合部門で2001年から5年連続金賞受賞し、初めてダイヤモンド褒賞の永久称号を受賞。その功績は、多くのメディアで紹介されています。
ページの先頭へ





一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン


ハタチ基金寄付対象商品
一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン

 数量限定・2月発売  

本品は、原料米に地元・松山酒米研究会が丹精込めて栽培した特別栽培米「蔵の華」を100%使用し、本社蔵杜氏門脇豊彦が、その米の魅力を最大限に引き出させるように、心を込めて醸した特別純米生原酒です。
東日本大震災から受けた未曾有の被害は、時間の経過と共に人々の記憶から少しずつ忘れ去られようとしています。
弊社は、震災時に皆様から多くのご支援を賜り、勇気付けられ、復興に向け歩み出すことができました。
私たちは、そのご恩に少しでも報いるため、被災した子どもたちが未来に向かって歩み出すための支援を行うこととし、2012年より本品の弊社売上全額を公益団体法人「ハタチ基金」へ寄付する活動を続けております。
皆様からのバトンを、被災地の子どもたちに、子どもたちが無事に二十歳を迎えるその日までエールを送り続けます。
 また、この商品は豊かな自然を未来へつないでいくという、もう一つの物語の意味も込められております。
未来を創り出す無限の可能性を秘めた子どもたちへ、エールを送りながら本品を楽しんでお召し上がり頂けましたら幸いです。
私たちと一緒に被災した子どもたちの未来を応援しませんか?

生産者:松山町酒米研究会(大崎市松山)
原料米:特別栽培米蔵の華
精米歩合:60%
アルコール分:17度 
日本酒度:-4~-2
1.8リットル:2,952円+税 
720ミリリットル:1,476円+税

<生産者について>松山町酒米研究会
松山町酒米研究会は、地元の農家と行政、JAが連携し、共に良質な酒米生産を目指し平成7年(1995年)に設立されました。一ノ蔵の農業部門「一ノ蔵農社」もメンバーとして参加しております。「蔵の華」が誕生した当初から栽培に取り組み、現在では80ヘクタールの作付けを行っております。一ノ蔵では、研究会が栽培した酒米を分析し、研究会はその結果をもとに、栽培の改善を進めるなど、より良い酒米を作るために、互いに持っている知識、経験などの情報交換を行うパートナーシップを結んでおります。平成19年(2007年)には、環境に優しい農業方法を実践する農業者として、宮城県より「エコファーマー」に認定されました。

ハタチ基金についてはこちら


ページの先頭へ




amazake_rokuji.jpg


一ノ蔵 あま酒

一ノ蔵のあま酒は、“手づくりによる高品質の酒造り”をモットーとし、他では味わうことのできない本物のあま酒を提供したいと想い造られました。
本品は、酒蔵ならではの個性を生かし、原料米に精米歩合60%の環境保全米を使用しております。これは、一ノ蔵 山廃特別純米酒 円融(えんゆう)に使用されている原料米と同じものです。
清酒造りに用いられる高精白の原料米で造る糀(こうじ)だけを使うため、雪のように白く美しい甘酒となります。また、糀が造り出したすっきりとした甘味と豊かな味わいをお楽しみ頂けます。

生産者:環境保全米ネットワーク(東北)
原料米:環境保全米Bタイプ米100%使用
精米歩合:60%
アルコール分:0% 
保存方法:要冷蔵
賞味期限:製造日より120日(商品には日付を印字)
1袋130g(ストロー付):150円+税 
1箱6袋入り(ストロー付):900円+税

<生産者について>kankyohozenmai.jpg
「環境保全米ネットワーク」は農薬や化学肥料に頼らない米づくりを通し、環境や農地を守ることを目指し、平成8年(1996年)に東北の生産者、消費者によって発足しました。
※環境保全米Bタイプとは、環境に負担をかけないよう、農薬や化学肥料を極力減らし、生産者と消費者の健康を守り、安心して食べて頂けるよう大切に育てたお米で、栽培期間中の除草剤の使用は5成分回数以下、化学肥料は田んぼでは使わないなど厳しく規制が定められています。


一ノ蔵 あま酒についてはこちらLinkIcon
特定非営利活動法人 環境保全米ネットワークのHPはこちらLinkIcon
ページの先頭へ

ページの先頭へ

一ノ蔵を楽しむ
旬のお酒情報
蔵だより
商品紹介
お客様の広場
蔵見学のご案内
一ノ蔵を知る
一ノ蔵とは
社会貢献活動
一ノ蔵型六次産業
パブリシティ
酒ミュージアム
一ノ蔵応援隊
お取扱店様限定 販売おたすけツール
一ノ蔵を楽しむ会チケットご購入ページ
電子かわら版会員登録
リンク集
pontarobanar.jpg
金龍蔵

一ノ蔵の第二蔵「金龍蔵」ホームページはこちらです。

f_logo.png
一ノ蔵公式フェイスブックページはこちらです。
一ノ蔵を購入する
地酒のリエゾン

※当ホームページでは商品の販売は行っておりません。商品のお求めはこちら↑。







234x60.gif一ノ蔵は良い食品づくりの会に参加し、安心・安全・おいしいをお客様へお届けいたします。