HOME 一ノ蔵

INFORMATION

要冷蔵商品価格改定のお知らせ 2月23日更新

謹啓 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて今般、運送業者様の大幅な値上げ(特にクール料金)に伴い、社内改善に努めて参りましたが、従来の価格を維持することが困難な状況となりました。つきましては、来る3月1日より下記要冷蔵商品について価格を改定させて頂きます。
 何卒、弊社の事情ご賢察の上、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

謹白
株式会社一ノ蔵 代表取締役社長
鈴木 整

(1)一ノ蔵 特別純米生酒 ひゃっこい 720ml…1,260円、300ml…596円
(2)一ノ蔵 本醸造生酒 ひゃっこい 720ml…1,042円、300ml…488円
(3)一ノ蔵 発泡清酒 すず音 300ml…741円
(4)一ノ蔵 花めくすず音 300ml…845円          ※全て税別

以上


「お鍋のおともに一ノ蔵」キャンペーン開催中!2月22日更新

FB・twitter・insta告知_お鍋2017_628px×628px.jpg締切迫る!!
ご応募お待ちしております!
あったかお鍋が恋しいこの頃、一ノ蔵では2月28日までお鍋料理と一ノ蔵の写真を募集しております。写真にコメントと「#お鍋と一ノ蔵」を添えてツイッター、インスタグラム、フェイスブックへご投稿ください。また、アカウントをお持ちでない方はEメールでもご応募可能です。詳しい内容は下記応募ページをご覧ください。皆様からのご応募お待ちしております!
LinkIconキャンペーンの応募方法はこちらをご覧下さい



▼ご投稿いただいた作品の一部をご紹介いたします。下記バナーをクリックください。
HP投稿ボタン_お鍋2017_823px×194px.jpg

第29回札幌一ノ蔵を楽しむ会開催のご案内2月14日更新

H25札幌.jpg年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、今年は下記の日程で開催いたします!
 当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの
一ノ蔵商品の数々を、酒の肴と共にお楽しみいただきます。また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、お酒についてもお話いたします。会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。
 どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますようご案内申し上げます。

<日 時>
平成30年5月10日(木)18:30~20:30
<会 場>
札幌ビューホテル大通公園 B2F ピアリッジホール
札幌市中央区大通西8丁目1 (旧・東京ドームホテル札幌)
※会場でチケットの販売は行っておりません。
<定 員>
500名様
※完全予約制となります。当日の受付は行っておりません。
<会 費>
お一人様5,400円(消費税込/立食式)
<チケットご購入方法について>
2018年3月23日(金)11:00~5月2日(水)18:00迄に
チケット販売サイト「e+(イープラス)」にて事前にご購入ください。
定員に達し次第受け付けを終了致します。
LinkIconチケットのご購入はこちら

<ご注意ください>
※お申し込みは先着順で、定員に達し次第受け付けを終了いたします。
※入場チケットの当日販売はありません。
※電話やFAX、はがきでの受け付けは行っておりません。
※上記のチケットご予約・ご購入に関する一連の手続き(会員登録等)は、当日会場にお越しいただくご本人様以外でもお手続きいただくことが可能です。
※ご購入になられたチケットは当日まで無くさずに保管いただき、会当日に会場受付にてご提示願います。チケットを紛失された方、また当日会場にお持ちになるのをお忘れになられた方はご入場いただけませんのでご注意願います。
※ご購入後のチケットは、会の中止以外のいかなる場合でも払い戻しができませんので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
※20歳未満のご来場は制限させていただきます。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

一ノ蔵試飲会・催事情報 2月13日更新

一ノ蔵試飲会・催事情報をお知らせします。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。
※もうすぐ始まる催事を赤文字で表示しております。
<宮城県内>
(仙 台)2月23日~2月25日……仙台三越(酒売り場地下1階)
(仙 台)3月2日~3月4日…………地酒とWineのお店ケヤキ(JR仙台駅1階)
(仙 台)3月23日~3月25日………酒仙蔵吉岡屋エスパル仙台店(エスパル本館地下1階)
(大 崎)4月21日……………………一ノ蔵 蔵開放(本社蔵/宮城県大崎市松山)
<宮城県外>
(神奈川)3月8日~3月11日………日吉東急avenue(酒売り場1階)
(千 葉)3月21日~3月27日………そごう千葉店 宮城県の観光と物産展(催事場6階)
(東 京)3月29日~4月4日………東急百貨店渋谷駅・東横店(南館酒売り場地下1階)


                                             敬称略
------------------------------------------------------------------------------------------
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。予めご了承ください。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

日本名門酒会企画商品 立春朝搾り情報 2月4日更新

2018立春朝搾り瓶画像.jpg 2月4日は立春。四柱推命や風水などの占いでは立春から1年が始まります。また前日の節分で邪気を払い、新たな気持ちで春を迎えることから縁起の良い日とされています。その立春にふさわしい限定商品「立春朝搾り」を販売致します。
 本品は弊社が加盟する日本名門酒会が企画した春の祝い酒。今年は全国43蔵が取組み、宮城県では弊社のみが取り組みます。
 立春朝搾りは、気温が低く安定し酒造りに最適な年末から立春まで期間を利用して、お酒を大切に育て、2月4日の午前零時と共にお酒を搾り瓶詰め、その日の内に店頭に並ぶ限定品の中の限定品です。新たな春を祝うのにぴったりなお酒です。
 是非、立春朝搾りで春をお祝いください。 
只今、日本名門酒会のお店でご予約承りしております。数に限りのある商品です。お早目にお申し込みください。
○一ノ蔵立春朝搾りが買える店はこちらをクリックください。(PDFファイル)LinkIcon

○立春朝搾りについてもっと知りたい方は日本名門酒会HP立春朝搾りをご覧ください。
立春朝搾りを詳しく知りたい方はこちらをクリックください。(日本名門酒会HP)
○一ノ蔵の立春朝搾りの様子をご覧いただけます。
2月4日午前7時30分~9時40分の様子はこちらをクリックください。(一ノ蔵HP蔵便り)
2月4日午前4時00分~5時15分の様子はこちらをクリックください。(一ノ蔵HP蔵便り)
2月4日午前2時30分~3時30分の様子はこちらをクリックください。(一ノ蔵HP蔵便り)
2月3日~4日午前0時の一ノ蔵立春朝搾りの様子はこちらをクリックください。(一ノ蔵HP蔵便り)

第25回大阪一ノ蔵を楽しむ会開催のご案内1月22日更新

H25大阪2.jpg
 年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、今年は下記の日程で開催いたします!
 当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの
一ノ蔵商品の数々を、酒の肴と共にお楽しみいただきます。また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、お酒についてもお話いたします。会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますようご案内申し上げます。

<日 時>
平成30年4月17日(火)18:30~20:30
<会 場>
ホテル阪急インターナショナル(4F紫苑)
大阪市北区茶屋町19-19 ちゃやまちアプローズ内
※会場でチケットの販売は行っておりません。
<定 員>
先着800名様
※完全予約制となります。当日の受付は行っておりません。
<会 費>
お一人様5,400円(税込・立食式)
<チケットご購入方法について>
2018年3月5日(月)11:00~4月9日(月)18:00迄に
チケット販売サイト「e+(イープラス)」にて事前にご購入ください。
定員に達し次第受け付けを終了致します。
LinkIconチケットのご購入はこちら

<ご注意ください>
※お申し込みは先着順で、定員に達し次第受け付けを終了いたします。
※入場チケットの当日販売はありません。
※電話やFAX、はがきでの受け付けは行っておりません。
※上記のチケットご予約・ご購入に関する一連の手続き(会員登録等)は、当日会場にお越しいただくご本人様以外でもお手続きいただくことが可能です。
※ご購入になられたチケットは当日まで無くさずに保管いただき、会当日に会場受付にてご提示願います。チケットを紛失された方、また当日会場にお持ちになるのをお忘れになられた方はご入場いただけませんのでご注意願います。
※ご購入後のチケットは、会の中止以外のいかなる場合でも払い戻しができませんので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
※20歳未満のご来場は制限させていただきます。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

燗酒コンテスト2017「一ノ蔵特別純米酒辛口」最高金賞受賞!! 8月1日更新

junmai_05.png この度、日本酒造組合中央会後援の燗酒コンテスト2017の結果が発表され、「一ノ蔵特別純米酒辛口」が、お値打ちぬる燗部門(720ml小売価格税抜き1,100円以下、審査温度40℃~45℃)において最高金賞を受賞しました!!
一ノ蔵 特別純米酒 辛口の詳細はこちらをクリックください。(特別純米酒辛口スペシャルサイトへ。)



junmai_03.pngfuyumizu.png さらにプレミアム燗酒部門(720ml小売価格税抜き1,100円超、審査温度40℃~45℃)において、「有機米仕込 特別純米酒 一ノ蔵」「ふゆ・みず・たんぼ一ノ蔵 特別純米原酒 冬期湛水米仕込」金賞を受賞しました!




有機米仕込 特別純米酒 一ノ蔵の詳細はこちらをクリックください。(商品紹介ページへ。)
ふゆ・みず・たんぼ一ノ蔵 特別純米原酒 冬期湛水米仕込の詳細はこちらをクリックください。(ふゆみずたんぼスペシャルサイトへ。)
燗酒コンテスト2017結果発表はこちらをクリックください。(酒文化研究所HPへ。)

 無鑑査本醸造甘口のIWC2017グレートバリューアワードに続き、一ノ蔵特別純米酒辛口がコストパフォーマンスの高い商品として評価していただきました。これからも皆様に喜ばれるお酒をご提供して参ります。

一ノ蔵無鑑査本醸造甘口 グレートバリューアワード受賞!!7月11日更新

鈴木社長受賞式の様子.JPG イギリスロンドンで7月6日(現地時間)インターナショナルワインチャレンジ(IWC)アワードが行われ、一ノ蔵無鑑査本醸造甘口がグレートバリューサケの頂点となる「グレートバリューアワード」を受賞しました!
 また、IWC2017で優秀な成績を収めた酒蔵へ贈るSake Brewer of the Year 2017においても、一ノ蔵が受賞しました!!
 これも偏に、日頃よりご愛顧賜りますお客様に心より感謝を申し上げますと共に、これからも皆様に喜ばれるお酒をご提供して参ります。

受賞理由は以下の通りです。
• The IWC Sake also named its Great Value Sake Award 2017, which shines a light on modestly priced sake. To qualify for a Great Value Award which is sponsored by Sake Samurai Association entries must receive a Gold or Silver medal at the competition, have a minimum production volume of 100,000 bottles and be available nationwide for less than \1,000 (approximately £7) for 720ml. This year’s winner was Ichinokura Mukansa Honjozo Amakuchi. This medium-bodied sake impressed the panel with its sweet fruit palate and sophisticated, savoury quality which belied its modest price tag.
• In addition to its Great Value Sake Award, Ichinokura also secured the accolade of IWC Sake Brewer of the Year, sponsored by The Prefecture of Hyogo, the 2016 host of the competition. Ichinokura also received two Gold, two Silver and two Bronze medals across a range of styles including Daiginjo, Junmai Daiginjo, Koshu (aged Sake) and sparkling sake.

<degitalnewsroomより引用>

<翻訳>
「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」の日本酒部門において、手頃な価格の商品にスポットを当てた「グレートバリュー・サケ・アワード2017」が発表された。「酒サムライ」がスポンサーを務める「グレートバリュー・サケ・アワード」の資格は、IWC日本酒部門において金メダル又は銀メダルを受賞したもので、かつ4合瓶換算10万本以上の生産、小売価格1,000円未満であることが条件とされている。
今年の受賞酒は「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」。このミディアムボディーの酒は、洗練された甘い果実のような味覚とセイボリー(ハーブの一種)の香りで、審査員を感動させた。味わいの優れた品質は、低価格の商品であるとは信じられないほどであった。

一ノ蔵は「グレートバリュー・サケ・アワード」に加え、「サケ・ブリュワー・オブ・ザ・イヤー2017」(IWC2016日本酒部門のホストをつとめた兵庫県がスポンサー)を受賞するという栄誉を手にした。受賞の理由は、大吟醸、純米大吟醸、古酒、スパークリング酒といった幅広いカテゴリーにおいて、金メダル2つ、銀メダル2つ、銅メダル2つの受賞を果たしたから。


●IWC2017についてはこちらをご覧ください
●一ノ蔵無鑑査本醸造甘口についてはこちらをご覧下さい

未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト 5月15日更新

「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」弊社売上金寄付のお知らせ
未来へつなぐバトン寄付贈呈.jpg目録贈呈後の記念撮影。右)公益社団法人ハタチ基金代表理事・白井智子様。左)弊社代表取締役社長・鈴木整この度、「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」の弊社売上金を、東日本大震災で被災された子どもたちを支援する基金団体「公益社団法人ハタチ基金」様へ、全額寄付することが出来ましたことをご報告申し上げます。
本年は662万9,700円をお渡しすることが出来ました。ご参加くださいました皆様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
 東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事に20歳を迎える日まで弊社はこの活動を行って参ります。
LinkIconハタチ基金の詳細はこちらをクリックしてください

第4回富県宮城グランプリ「みやぎの食」振興部門一ノ蔵受賞 2016年5月7日更新

表彰状.jpg 宮城県の産業発展や地域経済の活性化に対する貢献が顕著である企業、団体及び個人を称えることにより、富県共創への関心を高め、県民及び県内企業の主体的な取組を促進することを目的として平成20年に創設された「富県宮城グランプリ」において、この度、一ノ蔵は「みやぎの食」振興部門賞を受賞致しました。
 これからも地域との連携をはかりながら、醸造発酵技術を活用した商品開発を取り組んで参ります。


一ノ蔵 発泡清酒 すず音.jpg受賞理由
「すず音」等の革新的な商品開発で業績拡大し,長年にわたり農業を含めた本県の産業を牽引していることや,社内農業部門と地元農家の連携により,地域をあげての品質向上に貢献しており,生産加工販売に至る6次産業化の取組が県内産業全体の振興に大きく貢献した。また,震災後の全国から届いた応援に応えるべく,「ハタチ基金」に協力を行っており,特別純米生原酒「未来へつなぐバトン」を発売し,その売上を20年間全額寄付する活動を行っている点。

一ノ蔵、ユースエール認定企業として県内第1号に認定! 2016年5月7日更新

 若者の採用や育成に積極的な中小企業を認定する厚生労働省の「ユースエール認定企業」に、この度、弊社一ノ蔵が県内で初めて認定されました(全国16番目(東北地方5番目)の認定)。

東日本大震災に関する情報 2011年

【本社蔵被害状況と復旧状況】
3月11日・4月7日の地震に関する被害状況及び復旧状況はこちらからご覧いただけます。
○3月11日の地震の被害状況及び復旧状況(PDFファイル)LinkIcon
○4月7日の地震の被害状況及び復旧状況(PDFファイル)LinkIcon
○現在の震災復旧の様子はこちらからどうぞ〈最新更新日9月28日〉LinkIcon

<ご支援を賜りました皆様へ>



ページの先頭へ

一ノ蔵を楽しむ
旬のお酒情報
蔵だより
商品紹介
お客様の広場
蔵見学のご案内
一ノ蔵を知る
一ノ蔵とは
社会貢献活動
一ノ蔵型六次産業
パブリシティ
酒ミュージアム
一ノ蔵応援隊
お取扱店様限定 販売おたすけツール
一ノ蔵を楽しむ会チケットご購入ページ
電子かわら版会員登録
pontarobanar.jpg
金龍蔵

一ノ蔵の第二蔵「金龍蔵」ホームページはこちらです。

f_logo.png
一ノ蔵公式フェイスブックページはこちらです。
一ノ蔵を購入する
地酒のリエゾン

※当ホームページでは商品の販売は行っておりません。商品のお求めはこちら↑。







234x60.gif一ノ蔵は良い食品づくりの会に参加し、安心・安全・おいしいをお客様へお届けいたします。