HOME 一ノ蔵

INFORMATION

松山 酒ミュージアム催事情報 12月3日更新

素敵に食卓ギャラリーポスター.jpg  松山酒ミュージアム1階展示室において、GALERIE Malle(ぎゃっりーまぁる)東日本大震災復興支援チャリティー 素敵に食卓 日本酒ラベル展を開催致します。
 東京恵比寿にある画廊GALERIE Malle様は東日本大震災以降、絵画を通した震災復興支援を精力的に行われています。松山酒ミュージアムでの開催は今年で6回目を迎えます。大崎市出身のアーティスト姉歯公也氏や森キヲノリ氏を始め、本企画の主旨に賛同されたアーティスト総勢27名の作品が一堂に展示されます。
是非、お越しください。 


催 事 名:GALERIE Malle(ぎゃっりーまぁる)東日本大震災復興支援チャリティー 素敵に食卓 日本酒ラベル展
場    所:松山酒ミュージアム
開催期間:平成26年12月6日(土)~平成27年1月6日(火)
開館時間:午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)
定 休 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日がお休みとなります。) 年末年始のお休みは12月31日~1月2日
      まで。1月3日より通常営業
入 館 料:大人300円、高校生以下小学生まで150円
お問合わせ:松山酒ミュージアム 電話0229-55-2700(通話は定休日を除く午前9時30分~午後5時)
松山酒ミュージアム詳細はこちらをクリック下さい(酒ミュージアムページ)

一ノ蔵試飲会・催事情報 12月17日更新

一ノ蔵試飲会・催事情報をお知らせします。是非お立ち寄りください。
~一ノ蔵試飲会情報~
■宮城県内■
(仙台) 12月16日~12月25日…むとう屋 JR仙台駅2階中央改札口前
(仙台) 12月20日~12月23日…酒仙蔵吉岡屋 エスパル仙台店地下1階
(泉)  12月26日~12月31日…泉ショッピングプラザ・セルバ 正面入口催事場
(塩釜) 1月1日…………………一ノ蔵新春初蔵出し 塩竈神社東参道入口(旧勝来酒造門前) 

■宮城県外■
(東京) 12月11日~12月21日…東武池袋本店 地下2階酒売場
(東京) 12月17日~12月25日…伊勢丹新宿本店 地下1階酒売場
(札幌) 12月26日~12月31日…東急札幌店 地下1階酒売場

■海外■
(シンガポール)12月19日~12月21日…J-Mart 一ノ蔵試飲会



-----------------------------------------------

敬称略

未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。予めご了承ください。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

放射能に対する弊社の取り組みについて 11月28日更新

弊社製品並びに酒造りに使用している原料米及び醸造用水について、第三者機関による分析を行い、検出限界以下を確認しております。
<一ノ蔵商品に関する情報 >(更新日2014年11月28日)
○11月…特別純米生原酒しぼりたて(PDFファイル、サイズ687KB)LinkIconNEW!!
○10月…本醸造辛口生原酒(PDFファイル、サイズ279KB)LinkIcon
○10月…一ノ蔵米(PDFファイル、サイズ682KB)LinkIcon
<原料に関する情報>(更新日2014年10月24日)
平成26年度使用米について放射能検査証明書を掲載いたします。
~一ノ蔵特別純米生原酒しぼりたて使用米~
平成26年度産米ササニシキ玄米(PDFファイル、サイズ668KB)LinkIconNEW!!
~一ノ蔵本醸造しぼりたて生原酒使用米~
平成26年度産米やまのしずく玄米(宮城県HPをご覧ください。)LinkIconNEW!!
~特別純米酒、本醸造等使用米~
平成26年度産米蔵の華玄米(PDFファイル、サイズ674KB)LinkIconNEW!!
<宮城県の新米に関する情報>(宮城県HP)
○宮城県の新米検査結果はこちらから(宮城県HP)LinkIconNEW!!

<醸造用水に関する情報>(更新日2014年10月24日)
○10月…醸造用水水質検査証明書(PDFファイル、サイズ668KB)LinkIconNEW!!



鑑評会結果のお知らせ 11月25日更新

秋の鑑評会
~仙台国税局主催 東北清酒鑑評会~
一ノ蔵本社蔵…純米酒の部、吟醸酒の部共に優等賞(金賞)受賞
一ノ蔵金龍蔵…吟醸酒の部優等賞(金賞)受賞(金龍蔵は吟醸酒のみ出品) 

春の新酒鑑評会
~全国新酒鑑評会~
一ノ蔵本社蔵・金龍蔵共に金賞受賞!
独立行政法人酒類総合研究所主催の「平成25酒造年度全国新酒鑑評会」の結果が発表され、一ノ蔵本社蔵並びに金龍蔵が共に金賞受賞致しました。
 清酒製造業に携わる者にとっては、毎年本鑑評会で金賞に選出されることを目標にして酒造りを行っており、この度その目標を達成することが出来ました。
 これからも技術の研鑽に励み更に皆様に喜ばれるようなお酒をご提供して参ります。今後とも宜しくお願い申し上げます。
全国新酒鑑評会結果についてはこちらをクリック下さい(酒類総合研究所HP)



~南部杜氏自醸清酒鑑評会~
一ノ蔵本社蔵「純米吟醸酒の部」で首席に選出!
杜氏トロフィー.jpg この度、弊社本社蔵並び金龍蔵の杜氏が所属する杜氏団体「一般社団法人 南部杜氏協会」が主催した新酒鑑評会「平成25酒造年度南部杜氏自醸清酒鑑評会」(明治44年開催、本年で95回目)において、本社蔵が『吟醸酒の部』、『純米吟醸酒の部』、『純米酒の部』で、金龍蔵は『吟醸酒の部』(吟醸酒の部のみ出品)において、優等賞(金賞)を受賞しました。 また、純米吟醸酒の部では本社蔵が創業以来初の首席に選出されました。
 本社蔵杜氏の門脇豊彦を始め、蔵人、製造関係者が一丸となって取り組む弊社酒造りが、日本最大の杜氏集団「南部杜氏」でも高く評価されました。
 今後も、これに甘えず技術の研鑽に励み、更にお客様に喜ばれるお酒をご提供して参ります。
平成25酒造年度南部杜氏自醸清酒鑑評会結果はこちらをクリック下さい。(PDFデータ8.8MB)

~平成25酒造年度南部杜氏自醸清酒鑑評会結果~
〇本社蔵
純米吟醸酒の部…首席
優等賞
《吟醸酒の部》
《純米吟醸酒の部》
《純米酒の部》
〇金龍蔵
優等賞
《吟醸酒の部》
(金龍蔵は吟醸酒の部のみ出品)

2014年一ノ蔵グループ役員人事のお知らせ 10月2日更新

9月26日の株主総会及びその後の取締役会にて一ノ蔵グループの役員人事が正式に決定致しました。
新体制の下、チャレンジを続ける一ノ蔵をどうぞ今後ともご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

取締役人事一覧
■株式会社一ノ蔵
櫻井 武寛 代表取締役 会長
松本 善文 代表取締役 副会長
鈴木 整   代表取締役 社長
浅見 周平 常務取締役
浅見 紀夫 名誉会長

■一ノ蔵酒類販売株式会社
鈴木 整   代表取締役 会長
浅見 周平  代表取締役 社長  
櫻井 武寛  取締役
松本 善文  取締役

杜氏が一ノ蔵の魅力を語る動画8月26日更新

【一ノ蔵生酒ひゃっこいの魅力を杜氏が語るVol.1】
一年中楽しめる弊社生酒「ひゃっこい」の魅力をより多くの皆様にご紹介したく、この度、動画を作製いたしました。
弊社製造責任者である杜氏の門脇と、長年営業に携わる東京事務所所長の木村が、「ひゃっこい」の魅力をお酒を交えて対談しています。どうぞご覧ください。


【一ノ蔵生酒ひゃっこいの魅力を杜氏が語るVol.2】
一ノ蔵杜氏門脇豊彦と東京営業所所長木村健治によるスペシャル対談の第2弾!
だいぶお酒も進み話が止まらない二人・・・。ここでしか聞けない話も収録しました。どうぞご覧ください。


■一ノ蔵 本醸造生酒 ひゃっこい情報はこちら
■一ノ蔵 特別純米生酒 ひゃっこい情報はこちら
























未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト5月28日更新

「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」
醸造発酵で子どもたちを救おう
miraiHP.jpg弊社は、東日本大震災直後から皆様より物心両面に渡る温かいご支援を賜っております。『皆様から賜ったご恩に少しでも報いたい。』という想いから、報道では表に出てこない困難な状況にある被災された子どもたちを微力ながらも支援しようと「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト」を発足致しました。
 このプロジェクト名のなかにある「バトン」とは、弊社が賜ったご恩を「バトン」に見立て、将来を担う子どもたちへこのバトンを渡し、更に次の方々へつないで欲しいという一ノ蔵グループ全社員の願いが込められております。

FB贈呈式の様子.jpg5月28日に、ハタチ基金を運営されている公益財団法人日本財団 常務の前田様(贈呈式写真の左側の方)、被災された子どもたちの支援を行っている特定非営利活動法人NPOカタリバ代表の今村久美様(贈呈式写真中央の方)がご出席され、本年も無事に贈呈することができました。
 本年も県内外多くの皆様からご支援を賜りましたことをこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。また震災時に0歳だったお子さんがハタチを迎える日まで、弊社は微力ながら応援して参ります。
 今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

LinkIconハタチ基金の詳細はこちらをクリックしてください

一ノ蔵はグリーンエネルギーに取り組みます!

ソーラーパネル設置この度、弊社はグリーンエネルギーへの取り組みの一環としてソーラーパネルを設置し9月2日より発電を開始しました。
 パネルは、太陽光が十分に降り注ぐ製品課棟屋根に1008枚設置しました。発電が開始されると発電量は最大出力200kW、年間発電量は22万9千kWhの供給が可能となります(数値はどちらも理論値)。これにより二酸化炭素排出量は年間125.26t(推定)の削減効果が見込めます。
 弊社はこれまでにも環境にやさしい製品作りに取り組んで参りました。一例を挙げると、リユース瓶(R瓶)の積極的使用(弊社R瓶使用率は1升瓶100%、720ml瓶は99.9%。)。またR瓶の再使用を促進すべく、ラベル貼りに使用するのりには、R瓶の再使用に適したでんぷんのりを採用するなど。
 一ノ蔵農社では減農薬減化学肥料による米作り、環境保全型農業を推進している団体様への支援。一方、製造では環境保全米を利用した酒造りにも取り組んでおります。
 弊社の環境活動テーマ「できることからこつこつと、はじめのいっぽ」に従って、将来の子どもたちに綺麗な自然を残せるよう、今後も環境保全活動に取り組んで参ります。

東日本大震災に関する情報 2011年

【本社蔵被害状況と復旧状況】
3月11日・4月7日の地震に関する被害状況及び復旧状況はこちらからご覧いただけます。
○3月11日の地震の被害状況及び復旧状況(PDFファイル)LinkIcon
○4月7日の地震の被害状況及び復旧状況(PDFファイル)LinkIcon
○現在の震災復旧の様子はこちらからどうぞ〈最新更新日9月28日〉LinkIcon

<ご支援を賜りました皆様へ>


【支援活動】 5月29日更新
・2012年5月29日 ハタチ基金に対して3.11未来へつなぐバトン弊社売上金全額・金685万円を寄付させていただきました。
・2012年4月21日一ノ蔵蔵開放において、石巻市・南三陸町ミニ復興市を開催致しました。
・宮城県に対して金500万円を寄付させていただきました。
・その他支援活動として、2011年3月14日・15日大崎市松山において給水車(総量3000L)を配車致しました。
・2011年 4月12日石巻市へ料理酒500本をご提供致しました。
・2011年 4月24日石巻市へ炊き出しボランティアを行いました。
 炊き出しボランティアは今後も継続して行う予定です。

ページの先頭へ

一ノ蔵を楽しむ
旬のお酒情報
蔵だより
商品紹介
お客様の広場
蔵見学のご案内
一ノ蔵を知る
一ノ蔵とは
社会貢献活動
一ノ蔵農社
パブリシティ
酒ミュージアム
一ノ蔵応援隊
お取扱店様限定 販売おたすけツール
一ノ蔵を楽しむ会チケットご購入ページ
電子かわら版会員登録
リンク集
ぽんたろうさんの旬の酒に合う肴レシピ
f_logo.png
一ノ蔵公式フェイスブックページはこちらです。
一ノ蔵を購入する
地酒のリエゾン

※当ホームページでは商品の販売は行っておりません。商品のお求めはこちら↑。








金龍蔵

一ノ蔵の第二蔵「金龍蔵」ホームページはこちらです。

234x60.gif一ノ蔵は良い食品づくりの会に参加し、安心・安全・おいしいをお客様へお届けいたします。